白井・具志堅スポーツジムブログ

東京都杉並区西永福のボクシングジム 会長 具志堅用高 プロを目指す方からダイエット目的の方までお気軽にどうぞ!
白井・具志堅スポーツジムブログ TOP > スポンサー広告> 試合情報 > ザ・カンムリワシ・ファイトvol.47

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ザ・カンムリワシ・ファイトvol.47

11月13日、後楽園ホールで開催しました『ザ・カンムリワシファイトVol.47、ならびにWBA女子世界スーパー・フライ級タイトルマッチ』へのご声援、ありがとうございました。

 メインイベントは日本女子最高のカードとして注目を集めたWBA女子世界スーパー.フライ級タイトルマッチ10回戦。チャンピオンの山口直子が同級2位で前WBC女子世界ミニフライ級チャンピオンの藤岡奈穂子選手(竹原慎二&畑山隆則)と戦い、期待にたがわぬ緊迫感あふれるフルラウンドを戦いました。結果は0-3(92-97×2 91-98)の判定で敗れ、ベルトを譲ることになりましたが、女子ボクシングを盛り上げたい一心で臨んだ山口は「完敗です。が、女子ボクシングにとってはいい試合だったと思うので、よかったです」と話しています。

 試合はスタートから藤岡選手が先攻。左ジャブ、クイックのワンツー、左フックなどでプレッシャーをかけてきます。「最初にパンチをもらってしまったのが、敗因かな」と山口。3回にはコーナーでダウンを奪われました。しかし山口は立ち上がります。一歩も引かず、自らの強打を打ち込むチャンスを探し続け、右ストレートで相手の追撃を寸断してみせました。

 中盤からは得意のボディ攻撃を交えて猛追しましたが、巧みな間合いでタイミングを外す藤岡選手に逆転の一撃を決めることは叶いませんでした。

「藤岡さんはすごく勇気があったので、それに圧された。自分も最初からジャブを当てに行こうとしたんですが、イメージより受け身になってしまいました。自分の力を出させてもらえなかった…しっかり出す練習をしたいですね。調子がよかったので、残念です」と山口は語りました。2011年1月のメキシコでのアナ・マリア・トーレス戦以来の黒星。戦績は18戦15勝13KO3敗となりました。



 その前座では、日本スーパーフライ級4位の江藤大喜が、ペッチサクシン・ボビージム(タイ)との8回戦で2回1分54秒TKO勝ちを収めました。サークリングしながら機を見てコンビネーションを出していく江藤。2回序盤のうちに右ストレートでダウンを奪った江藤は、さらにダブルの左ボディブロー、右ストレートなどを次々と決め、レフェリーストップを呼び込みました。このTKO勝ちで戦績を14戦12勝9KO2敗に伸ばしています。

 またその弟、江藤伸悟は60.0kg8回戦を行い、ティエンダン・マノプルンロット(タイ)を3回1分35秒でストップしました。短躯のタイ人にプレスをかけ、右ボディブロー、左フックなどコンビネーションで一方的に試合を進めると、3回に右ストレートから左フックでタイ人をノックダウン。再開後に右アッパーを決めてタイ人が跪いたところで、レフェリーがノーカウントで試合を止めました。戦績は15戦12勝8KO2敗1分です。

 4回戦では、ミニマム級のリトルタイソン田中が山口隆司選手(スパイダー蓮浄院)に大差3-0(40-35×3)の判定勝ち。長身の山口選手に、猛ファイター田中が身体を振りながらガンガン入り、初回残り20秒、離れ際の左フックでダウンを奪いました。2回も田中は強打を狙い続け、ラウンド中盤に左フックで山口をノックダウン。その後もKOを狙い続けるものの、接近してクリンチワークも駆使する山口選手を詰め切れず、判定勝ちとなりました。

 デビュー戦で快勝したS.バンタム級の川名北斗はこれがプロ2戦目。成沢哲選手(スパイダー蓮浄院)を3-0の判定(39-37 40-36×2)で退けました。川名が緩急つけたジャブを起点に成沢にプレッシャーをかけ、中盤にさしかかるころにはボディ攻撃、コンビネーションの数も増え出し、2連続KO勝ちは逃しましたが、判定は明白でした。

 スーパーバンタム級の佐々木伸、バンタム級の金城悠弥はともに判定負けに終わりました。佐々木は木村太一選手(協栄山神)に変則リズムで迫りましたが、的確性で上回ることができず、金城は小原隼一選手(船橋ドラゴン)の長いリーチに苦しみ、いつもの旺盛な手数が出ませんでした。


山口、今回敗れた選手は再起を目指して練習に励みます。勝利した選手も気を緩めずさらに上を目指して参りますので、変わらぬご声援のほど何卒よろしくお願い致します。
[ 2013/11/15 13:36 ] 試合情報 | TB(0) | CM(2)
おつ
ザ・カンムリワシファイトVol.47、おつかれさまでした。
山口選手の試合を動画配信で拝見しました。
みなさんの心中お察し致します。
心と体を休め、王座奪還に向け邁進されますように。

江藤光喜選手の初防衛戦。
アウェーでの試合ではありますが勝利をお祈り申し上げます。

寒い季節になりました。
体調には十分ご留意ください。
[ 2013/11/16 12:38 ] [ 編集 ]
ありがとうございます
いつもお心遣い下さいまして、本当にありがとうございます。
今回、山口はこのような結果となりましたが再起に向けて
これからまた新しいスタートを切ります。
江藤はいよいよあと10日後に迫った試合に気合十分です。
ジム全体で一丸となって頑張ります。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

阿部様もどうぞご自愛くださいませ。
[ 2013/11/19 13:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

白井・具志堅スポーツジム(SGS)

Author:白井・具志堅スポーツジム(SGS)

具志堅用高が会長を務める白井・具志堅スポーツジムのスタッフブログです。
試合、ジム、具志堅会長情報などをお届けします。

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。